店長日記

私が店長の高橋です

こんにちは!
店長の高橋です。
5月生まれ
血液型:B型
趣  味:スキー 温泉
子供とゲーム

てん工房では、他では手に入りにくい陶芸作家のオリジナル陶器やお客様の夢を叶えるオーダー陶器を販売しています。
まずはお客様のご希望をお聞かせください。一人でも多くのお客様に高い満足感を得ていただきたい。
それがてん工房の願いです。
 

リンクバナー

当店はリンクフリーです。以下のバナーをご利用ください。

てん工房バナー

※リンクは http://www.tenkoubou.co.jp/ へお願いします。

ランキングサイト

陶器・食器・グラス
陶器・食器・グラス
人気ショップが検索できます


陶器・陶磁器
WEB SHOP 探検隊


陶器・食器人気ランキング
陶器・食器

ネットショップランキング

携帯ページ

HOME»  陶器の取り扱い»  ■陶器の取り扱いについて

■陶器の取り扱いについて

注意喚起マーク
陶器はその性質上吸水性があり、また急な温度変化には意外と弱いものです。お使いになる際には以下の事を行っていただき、またお守りいただきますと長く衛生的にお使いいただけます。

●初めてお使いになる時に・・・
・お米のとぎ汁で30分ほど煮沸してください。 これにより、臭いや汚れが付きにくくなります。但し、強火でグラグラ煮立てますと倒れたり、お鍋とぶつかったりして破損してしまうことがありますのでご注意ください。(お米のとぎ汁が用意できないときは、片栗粉を薄く溶いた水でも効果はあります)
・煮沸の際は常温から始めてください。沸騰したお湯にいきなり入れるのはおやめください。
・煮沸が終わりましたら、自然に冷ましてください。冷水などをかけて冷ますことはおやめください。
・冷めましたら、綺麗な布巾などで水分を拭き取ってからお使いください。
・すぐに使わない場合は、十分乾燥させてから収納してください。一見乾燥しているように見えても、染み込んだ水分は中々脱けてくれません。少なくとも半日、出来れば丸一日は乾燥させてください。乾燥が不十分ですと、カビや臭いの原因になります。

●通常のご使用では・・・
・通常のご使用の際にも、簡単で結構ですので水やお湯に浸してからお使いいただくと汚れが染みにくくなります。
・洗う際は一般的な食器用洗剤で構いませんが、洗い終わりましたら上記の通り十分乾燥させてから収納してください。
・浸け置き洗いは汚れが染み込みやすく、カビや臭いの原因になりますのでお勧めできません。

●お手入れについて・・・
通常、特別なお手入れは必要ありませんが汚れが気になる場合は食器用漂白剤に浸しておきますと綺麗になります。

●電子レンジのご使用について・・・
通常の使い方ではほぼ問題ありません。ですが、使用している土などにより100%大丈夫とは言い切れません。チンチンに熱くしたり、また急激に冷ますことはおやめください。

●オーブンのご使用について・・・
オーブンは電子レンジより器が高温になりますので、破損の可能性が高くなります。ですのでオーブンのご使用はお勧めしていません。

●直火について・・・
土鍋や耐熱可(または直火可)の表記のあるもの以外は、直接火にかけないでください。ヒビや破損のおそれがあります。

注意喚起マーク
│ご注意!│
表面に金や銀で装飾してあるものは、電子レンジ、オーブン、直火とも絶対にご使用にならないでください。

●食器洗浄機のご使用について・・・
食器洗浄機は機種にもよりますが、かなり水圧が高いものや乾燥の際かなり高温になるものがあるようです。ですので、やはりお勧めできません。 もしお使いになる場合には水圧や温度をお確かめになり、食器同士がぶつからないように十分お気を付けください。

●貫入について・・・
貫入とは釉薬(うわぐすり)と粘土の収縮の差によって表面に入るヒビ状のものです。入り方は様々で、細かいものや大きく入るもの、ほとんど無いものもあります。また最初は気が付かなくても、使っているうちに水分が染み込み気づくこともあります。その時ヒビが入ってしまったー!とビックリなさるかもしれませんが、ご安心ください。ヒビとは全く違うものです。本当のヒビの場合、その内側を見れば表面と同じ筋状のヒビが入ってますので見分けが付きます。もし本当のヒビが入ってしまった場合は、使用中に割れてしまうことがありますので、ご使用をおやめください。